静岡で後遺障害が残り弁護士をお探しの方へ

 当院が提携させていただいている、弁護士法人心さんは、元裁判官、後遺障害認定機関の元職員、保険会社の元代理人弁護士らからなる「後遺障害申請チーム」を作り、適切な解決に向けて力を入れて取り組んでいます。

 自動車事故による後遺障害に関する法律相談は無料で、電話やテレビでのご相談も対応されていますので、静岡で後遺障害が残ってしまった方は、ご相談されることをおすすめいたします。

後遺障害の申請方法

文責:弁護士 小島 隆太郎

最終更新日:2022年02月07日

1 後遺障害等級申請には事前申請と被害者請求がある

 後遺障害等級を申請するには、二通りの方法があります。

 一つは事前認定という方法で、こちらは相手方の保険会社がほとんどすべての手続きをしてくれる方法です。

 ご自身の労力がほとんどかからないのが特徴ですが、一方で自分に不利な資料が出されて後遺障害の等級が低くなったり、そもそも等級が認められなかったりする可能性もあります。

 もう一つの方法が被害者請求という方法で、こちらはご自分で手続きを行う方法となります。

 こちらの方法では、労力はかかるものの、ご自身の後遺障害の状態を示すうえで有利な資料を提出できます。

 資料に不備があれば等級がつかないおそれもありますので、しっかりと用意する必要があります。

 

2 弁護士に依頼をして申請を行うことがおすすめ

 弁護士に依頼することにより、労力を軽減しつつ、必要な資料をしっかりと揃えて後遺障害申請を行うことができます。

 後遺障害申請を行う際には、後遺障害に詳しい弁護士に依頼をすることが必要です。

 弁護士すべてが後遺障害に詳しいわけではないため、ホームページやそこに掲載されている解決実績等の情報も確認して、後遺障害に詳しい弁護士にご相談ください。

後遺障害での弁護士選びのポイント

文責:弁護士 小島 隆太郎

最終更新日:2021年12月21日

1 後遺障害等級申請は弁護士選びが重要

 後遺障害がお身体に残った場合、後遺障害等級申請を行い、等級認定を受けることが大切です。

 なぜなら、後遺障害等級が何級となるか、そもそも認められるかどうかによって、損害賠償額が大きく変わる場合があるためです。

 お身体に残った後遺障害に対し、適切な等級を認定されるためには、後遺障害の状態がきちんと伝わる資料を用意する必要があります。

 お一人できちんと後遺障害等級申請を行うことは簡単ではないかと思いますので、弁護士に依頼をすることをおすすめします。

 

2 すべての弁護士に後遺障害等級申請の経験があるわけではない

 弁護士であれば、誰でも適切な後遺障害等級申請を行うことができるというわけではありません。

 弁護士の取扱い業務には様々なものがあるため、中には等級申請をしたことがないという弁護士もいます。

 弁護士を選ぶ際には、その弁護士が後遺障害等級申請を得意としているかどうかということを確認することが大切です。

 たとえば事務所の解決実績を確認することなどで、後遺障害を得意としているかどうかを判断する目安になるかと思います。

受付時間

 
午前 -
午後 --

【施術時間】
【平日】
9:00~13:00
13:00~15:30※
15:30~20:30
20:30~21:00★

※13:00~15:30は事前予約の自動車事故施術・トレーニング・美容整体のみ受付
★20:30~21:00は事前予約の自動車事故施術のみ受付

【土曜】
9:00~13:00

【定休日】
土曜午後・日曜・祝日

所在地

〒420-0801
静岡県静岡市葵区
東千代田一丁目19-11-2
【本院】

〒424-0002
静岡市清水区
山原223-1
【清水院】

〒422-8027
静岡市駿河区
豊田1-4-2
【駿河院】

〒420-0803
静岡市葵区
千代田7-2-18
【千代田院】

0120-316-057

お問合せ・アクセス・地図

PageTop